今回は、自作のTwitter読み込みツールをMovable Typeのブログに導入したときに、発生した数々の問題をどうクリアして行ったかを書いてみます。

ちなみに、サーバはレンタルサーバのxServerです。

まず、組み込みPHPコードをMovable Typeにテンプレートに書くのはよかったのですが、
そのページはMovable Typeが吐き出すHTML拡張子のファイルであったため、
以下のように、.htaccessを編集し「htmlの拡張子のままでもPHPとして動作させる」という以下の一行を書きます。。

AddType application/x-httpd-php .html

ここで、テンプレートを保存して再構築させると、なぜか、ファイルのダウンロードのダイアログが開きます。

原因はxServerのPHPのヴァージョンにあったようで、PHP4ではなく、PHP5にしてあると稼働します。
早速、エックスサーバーの管理画面からPHP5に設定してやります。

この作業によって、xServerが.htaccessを書き換えますので、再度見てみると、

AddHandler x-httpd-php5 .php .phps

の1行が追加されています。
なので、最初の対応とあわせて、最終的に.htaccessが以下のようになるように書き換えます。

AddHandler x-httpd-php5 .php .phps .html
AddType application/x-httpd-php .html

これでいけたかな?とページをリロードすると今度は、500エラーが発生してしまいました。エラー内容は以下。

File “/home/*****/******/public_html/index.html” is writeable by group

これは、Movable Typeで作られたファイルはデフォルトでパーミッションを「666」に設定していたために、xServerが書き込み権限のあるファイルであるとエラーをはいているのが原因でした。

そこで、オーナー以外は読み取り専用とする「644」に変更するべく、今度はMovable Typeの「mt-config.cgi」を以下のように編集します。

DBUmask 0022
HTMLUmask 0022
UploadUmask 0022
DirUmask 0022

これで、完了です。

最後は忘れずにMovable Typeからサイトの再構築をして、全てのファイルのパーミッションを変更しておきます。

こんな、Specificな構築内容がさて、誰かの役にたつのかな・・・(笑)

最後に、今回参考になったサイトです。

About ktatsuki

ケートリック株式会社 代表をしています。 が、根っからのエンジニア脳です。 IBM Notes/Dominoの開発を得意としますが、 C++ / Java / PHP / Javascript などの言語を使ってWEBアプリ、iPhone / Android アプリ開発などをしたりします。 XPagesの仕事をしているとテンションが通常の1.25倍ぐらい高くなります。 I am owner of KTrick Co., Ltd. and Notes/Domino developer. IBM Champion for 2015 - 2017. I am interested in web application development and preferred languages are Notes/Domino, C++ / Java / PHP / Javascript.

1 Comment

  1. Pingback: CPIサーバーでMovable Type再構築後にページにアクセスできない | 23.4度傾いて眺める街並み

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です