IBM Connect 2016 XPages最新動向

IBM Championのセッションがとにかく熱い!

日本からIBM Connect 2016に参加してい我々やIBM Championのチームスタジオ 加藤さんなどからIBM Connect 2016の最新情報などが少しずつ発表されていますが、Notes/Dominoに関するホットな最新情報は残念ながらほとんどありません。

そのため例年では当たり前のようにある、新しい機能を説明するセッションやDeep Diveと題して新しい機能を掘り下げて説明するセッションなどがさほど見当たらず、その代わりにIBM Championがスピーカーを務めるテクニカルセッションが多く用意されているように感じています。

XPAGESは進化を続ける!

Notes/Dominoの新機能がさほどないとしても、それはXPAGESの停滞を意味するものではない、ということをIBM Championのセッションを受けるとヒシヒシと感じることが出来ます。

すでにXPAGESはWEB技術と共に進化を続けることができ、XPages Extension Libraryに代表されるように、その進化は既にIBM Champion達を始めとしたコミュニティの力に委ねられていると言っても言い過ぎではないはずです。

IBM Championがスピーカーを務めるセッションでデモされるXPAGESアプリはDomino標準のXPAGES機能では実現することが出来ないようなモダンな作りになっており、どのセッションも観客の食いつき度合いが全く違います。

今回は、XPAGESのセッションに参加して得ることが出来た最新動向をザックリとですかお伝えしたいと思います。

 

The XPages of Things: Integrate Bluemix with Your XPages Applications for a World of Possibilities – 1075A

1月31日BP Summitのセッションです。 IBM ChampionのJohn Jardinさんによるセッションでした。

このセッションではBluemix、Node-RED、XPages、Websocketの技術を使いTwitterのつぶやきをつぶさに取得しXPAGESで作られたページに表示するというデモが行われました。

実はこのアプリの中にもモダンなWEB技術が多数盛り込まれていましたが、その技術の説明を次にあるセッションで詳しく解説してくれました。

 

Optimus XPages: An Explosion of Techniques and Best Practices – 1074A

2月1日のセッションで、このセッションもまたIBM ChampionのJohn Jardinさんによるセッションでした。

このセッションでは「Single Page Application」をXPagesで作成するという開発手法を説明していました。

「Single Page Application」というものはブラウザでページを一度読み込んだあとは、全て部分更新(AJAX)によりビュー表示、文書参照画面、編集画面、そしてその画面遷移をさせてしまう手法で彼のデモアプリにXPAGESは1つしかなく、全てインタラクティブに機能が構成されていました。

その技術を支える主な機能として、OpenNTF Domino API の利用を紹介していました。

OpenNTF Domino APIには以下の特徴があります。

  • Domino Object Classesの拡張
  • クイックインストールと設定
  • JavaでDomino Objectのリサイクルが不要
  • マルチスレッドプロセス
  • XOTS (これについては別の機会に説明したいと思います)

そして、「Single Page Application」を実装するためにJavaによるMVCモデルを採用しており、全てのドキュメントをModel Java Classで機能させるところから始まります。

個人的な意見としては、このアプローチは決して簡単な開発手法ではなく、フォームという考えようによってはそれ自体がModelと位置付けることが出来るものをわざわざJavaで格納しなおすためにModel Classを用意しています。

これにはなによりSingle Page Applicationの実現に必要であることと、MVCモデルによる開発は慣れるとModel Class1つ作るぐらいはささっと出来てしまえるので、その点でデメリットよりメリットが大きく上回るという判断であると思います。

ViewはXPagesを使いControllerをJavaとSSJSで実装していくというイメージです。

ただ、これだけではモダンなSingle Page Applicationを作ることは出来ないはずで、その肉付けとしてUX部分に様々なWEB技術を取り入れていましたので、以下にその機能の一覧を羅列します。

  • Twitter Bootstrap : いまやレスポンシブ対応の定番中の定番になってきていますね。
  • Animate.css : モダンなアプリにあるさりげなく表示されたりするアニメーションの実装に一役かっています。
  • Toastr : アラートダイアログのようにユーザーの処理をブロックすることのない通知機能
  • Font Awesome : Vectorアイコンの集合体で利用がとても簡単ですね。
  • Sweet Alert : アニメーションのある綺麗なアラートを実装することが出来ます。

 

ほかにもホットなセッションが目白押し・・・

BPセッションを含め3日間で5つ以上のIBM Championのセッションを受けましたが、John Jardinさん1人のセッションを紹介した段階で結構なボリュームになってしまいましたので、ほかのIBM Championの濃いセッションはまた別のブログ投稿でお伝えしたいと思います。

 

明日はクロージングセッションを含むIBM Connnectイベント最後の日です。

最終日はUserBRASTやGURUpalooza、Ask the Developerのようなお祭りのようなセッションが多数用意されているので最終日を楽しみたいと思います。

About ktatsuki

ケートリック株式会社 代表をしています。 が、根っからのエンジニア脳です。 IBM Notes/Dominoの開発を得意としますが、 C++ / Java / PHP / Javascript などの言語を使ってWEBアプリ、iPhone / Android アプリ開発などをしたりします。 XPagesの仕事をしているとテンションが通常の1.25倍ぐらい高くなります。 I am owner of KTrick Co., Ltd. and Notes/Domino developer. IBM Champion for 2015 - 2017. I am interested in web application development and preferred languages are Notes/Domino, C++ / Java / PHP / Javascript.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です