IBM Connect 2016 – Day1 基調講演

基調講演 (Open General Session)

今年の基調講演はなぜかPart1とPart2に分かれて行われました。

8時AMからの基調講演が始まる前のスクリーンにはIBM Championの紹介が行われており、日本からもチャンピオンの顔写真とともにでかでかとスクリーンに紹介がされていました。

ktrick-ibm-connect2016-ogs

基調講演 Part 1ではゲストスピーカーのHost of National Geographic’s Brain GamesのJason Silvaさんがテクノロジーの進化を人類の進化になぞって独自の視点で語っていました。

IBM Connectの基調講演はそれ自体が映画のような見ごたえのあるエンターテイメントになっていて、参加するといつも、なにか新しいことにチャレンジする精神を呼び起こされます。

 

Part2ではIBMプロダクトのデモが全般にわたって行われ、IBM Verseの新機能がまず紹介されました。

 

rsz_img_4304

例年通り、General ManagerのJeff氏による紹介で始まりました。

rsz_img_4314

IBM Connect 2015から断片的に紹介されていたカードスタイルのUIがより具体的に紹介されました。

IBM Connec 2016 OGS

IBM Verseの進化としてメール本文にもAnalyticsの技術が使わるデモが紹介されました。

 

IMG_4316

IBM Verseのカレンダーも一新されてます。今まではiNotesのWebカレンダーと変わらない見た目で間に合わせで作ったようなUIになっていましたがようやくIBM Verseっぽい進化を遂げてくれたみたいです。

 

IMG_4318

目玉になる新機能の部分がハイライトで強調されています

Extensibility: 開発者によってIBM Verseに手を加えることが出来るようになります。

Homepage; カードスタイルで一新されます。

Calendar; Verse用UIが大幅に強化されるようです。

Verse Offline: アクションメニューからオフライン設定に切り替えて使用するデモが紹介されました。


rez_ogs

モバイルアプリの機能が強化され、Connections CloudやMeetingとの連携がよりシームレスに行われるようになっていました。

 

rez_ogs2

モバイルアプリにもAnalyticsの機能が組み込まれるデモがありました。

 

IMG_4322タブレットでConnections Cloudのファイル共有やアクティビティーストリームを使いPCユーザーとも円滑に業務を進めていくデモが紹介されました。


IMG_4324

Personal Assistant: Analyticsの機能によりまるで個人のアシスタントがそばにいるような感覚でツールを使えるようになる、という意味であると理解しました。

 

IMG_4325

IBM Connections Cloud とSalesforceの連携を行っているデモがありました。前日のBP SummitでAppFusionsの開発者によるデモが行われましたが、おそらくこのデモではAppFusionsのAPI連携の機能が裏で動いていると考えて間違いないと思います。 その時のデモでは、Connections Cloud 上にSalesforceのIssue 一覧を表示させ、Salesforceに遷移後にFieldを変更するとその変更内容がConnections CloudのアクティビティーストリームにEmbedded Experienceと共に更新される、というデモでした。

IMG_4326

カードタイプUIによるConnections Cloudのコンテンツを表示する一例がデモされました。例えばこの画面右側に表示されているものがConnections Cloudのアクティビティーストリームに相当するようです。

その他、コンテンツマネージメントシステムとConnections Cloudのファイル共有、アクティビティーストリームがシームレスに行われるデモなどが行われました。

 

TOSCANA Projecと呼ばれる新しいプロジェクト

デモの後半ではToscana Projectと呼ばれる新しいプロジェクトの紹介がありました。 以前にもIBMではProject Vulcanというコードネームで進められるプロジェクトがIBM Connect(Lotusphere)で紹介されたことがありました。その後、Project VulcanはIBM Verseへと製品名を変えProject Vulcanのコンセプトや機能はIBM Verseへと引き継がれた、という流れになりました。

Toscana Projectというコードネームの製品はメッセージングのソリューションであるようです。(LINEのような?) 今回のデモではアウトドアアイテムを製造、販売する会社を例にとって紹介が行われました。

メッセージをやり取りするなかでConnections Cloud Fileを使ったり、Docsを使ったりして業務を進めていくデモが行われました。

About ktatsuki

ktatsuki

ケートリック株式会社 代表をしています。 が、根っからのエンジニア脳です。 IBM Notes/Dominoの開発を得意としますが、 C++ / Java / PHP / Javascript などの言語を使ってWEBアプリ、iPhone / Android アプリ開発などをしたりします。 XPagesの仕事をしているとテンションが通常の1.25倍ぐらい高くなります。 I am owner of KTrick Co., Ltd. and Notes/Domino developer. IBM Champion for 2015 - 2017. I am interested in web application development and preferred languages are Notes/Domino, C++ / Java / PHP / Javascript.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です