「若い力を集結させたIBM技術者集団を目指します!」

Ktrick代表挨拶

2013年、7年務めたアメリカの会社を退社し日本に帰国、新しい理想を胸にケートリック合同会社(現:ケートリック株式会社)を設立しました。

初めてLotus Notes/Dominoに触れたのが2005年、アメリカ カリフォルニア現地の会社(Computer Architechs International Corporation)に勤務した時です。

最初にインストールしたDominoバージョン7.0.1ですから、日本のNotes/Domino技術者の皆さんの中では比較的若いノーツエンジニアの部類になると思います。

アメリカでは毎年、IBM Connect(前Lotusphere)の運営側となりオンラインソリューションの仕事に携わり、Notes/Dominoを初めIBM Sametime, IBM Connections, Websphere Portal, Websphere Application Serverなど、様々なIBMソフトウェアを構築、開発する機会に恵まれました。

初めは好きになれなかったNotes/Domino

Notes/Dominoに触れるまではC++を使ったハウジングCADの開発やLinux OSとC言語での携帯開発を行なうなどのプログラマでした。
そういった経緯から、最初はどうしてもNotes/Dominoで開発を行なう際の窮屈さに戸惑いを覚えずにはいられませんでした。

Notes/Dominoのサーバー設計に惚れる

Notes/Dominoの魅力に引き込まれていったのはDominoが持つ強力なサーバー管理機能を知るようになってから。
クラスタリング、レプリケーション、アクセス制御リスト、シングルサインオン、LDAPなど、大規模運営に求められるような高度な構築をNotes/Dominoならいとも簡単に行ってしまう。 「Notes/Dominoを習得すれば企業が求める高度なシステム構築にも答えることができる!」、そう思えるようになりました。

XPagesがノーツエンジニアをメインストリームに引き戻す

XPagesの出現前まで、Notes/Dominoの開発環境は、式言語(Formula)、Lotusscriptで行われることが主でしたが、この長い期間がノーツエンジニアをその他の言語を使うエンジニアとの隔たりを大きくしてしまったと思っています。

XPagesはそういった隔たりを無くし、オープンソースを好むエンジニアであっても魅力に感じもらえる環境が整ったと考えています。

Notes/Dominoで新しいサービスを展開するパイオニアへ

中堅企業や大手企業に多く採用されるNotes/Dominoですが、
今後は、「会社が使っているからノーツエンジニアやってる。」ではなく、「Notes/Dominoで開発したいからノーツエンジニアをやってる。」という人が日本にもっと増えていくことを願っています。

そういった理念を元に、ケートリックでは、自分のようなC++、C、Java、PHPなどの言語を好む若い技術者を集結させることで、Notes/Domino、IBM Connections等IBMソフトウェアを基盤に新たな価値を創造していくことを目指します。

弊社 IBM技術者認定 保有資格

IBM Lotus IBM Certified Advanced Application Developer – Lotus Notes and Domino 8.5
IBM Lotus IBM Certified System Administrator – Lotus Notes and Domino 8.5
IBM Lotus Notes & Domino Sales Professional v2