WordPressで企業ホームページを作成する機会が増えてきています。

主に「ページ」機能を使って静的ページを作成することになるとおもうのですが、しばしば複数のページの中に同じ情報をブロック単位で埋め込む必要が出てきたりします。

そこで、同じコードはページの中に何回も書くのではなくてブロック単位で切り離して表示したいなぁ~という要望が出てきました。

CakePHPを知っている人でしたらViewにおけるElementのような使い方をしたいというわけです。

もちろん、Widgetを使えるのであればテキスト ウィジェットにHTMLコードを書いてしまえばそれでおしまい、という話なのですが、企業ホームページといった場合には「ブログ」機能を殺さずに自由度の高いな静的コンテンツを必要とするため、ウィジェットが「ページ」には使えなかったりします。

ここで、調べてみたところ、YouTubeコードやFlashコードを埋め込むというプラグインはあるのですが、HTMLコードを切り離して埋め込むといったのがなかなかみつかりませんでした。

そこでようやく見つけたのが、WordpressのCustom Fieldsを使ったHTMLコード共通化の方法です。

Custom Fieldにあまりなじみのない人も多いと思うのですが(実は自分もその一人・・・)、「Get Custom Feild Values」というプラグインと合わせることで全ページに同じHTMLコードを埋め込むといったことが可能になります。

手順としては、

まず、

  1. 「Get Custom Feild Values」プラグインをインストールします
  2. すでに存在する任意のページにいって、カスタムフィールドを1つ作ります。 たとえばIDが”rightmenu”、ValueがHTMLコードといった具合です。
  3. 共通して使っているデザインテンプレートを開き、表示させたい箇所に<?php echo c2c_get_recent_custom(‘rightmenu’); ?>のように書きます。

以上です。 任意のページに作った1つのカスタムフィールドが全てに反映されるというのは、なんともおかしな実装ですが、割り切って使えばなかなか便利かもしれません。

以下、参考になったサイト:

全てのページで共通のカスタムフィールドを呼び出す

引用元: WordPressプラグイン「Get Custom Field Values」でheadタグ内にCSS・JavaScriptを読み込む | HiGash.Net.

About ktatsuki

ktatsuki

ケートリック株式会社 代表をしています。 が、根っからのエンジニア脳です。 IBM Notes/Dominoの開発を得意としますが、 C++ / Java / PHP / Javascript などの言語を使ってWEBアプリ、iPhone / Android アプリ開発などをしたりします。 XPagesの仕事をしているとテンションが通常の1.25倍ぐらい高くなります。 I am owner of KTrick Co., Ltd. and Notes/Domino developer. IBM Champion for 2015 - 2017. I am interested in web application development and preferred languages are Notes/Domino, C++ / Java / PHP / Javascript.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です